ほとんどの人が歯医者は虫歯を治療するところというイメージを持っています。しかし、皆さんが思っている以上に歯医者でできることは沢山あります。治療の痛みなどが理由で歯医者は避けられがちですが、医療技術の進歩により無痛治療ができる歯医者が増えてきています。このサイトで歯医者の幅広い活躍を知って、実際に歯医者に足を運んでみましょう。

歯医者でできることは限られていると思われている人もいるでしょうが、実は口腔内に関わることであれば比較的順応に対応していくれることが大半です。
より本格的な治療から日ごろのメンテナンス作業まで、口腔内のトラブルで気になる点がある場合には一度相談してみるに越したことはありません。

医者に相談

とはいえ、歯医者での治療には注意しなければいけない点も存在しています。
というのも、歯医者での治療では、健康保険が適用されるものとそうでないもの、自由診療で行われているものがあります。
実際に不快な症状があらわれていて、日常生活にも支障をきたすようであれば、その治療は健康保険が適用されることが多くなります。
逆に、日常生活には支障はないものの、見た目をよりよくしていきたい、コンプレックスを解消していきたいという場合には健康保険は適用されません。

自費診療での治療であればその分費用負担は大きくなっていきます。
それこそ、数万円から数十万円単位の金額が必要になりますし、最高であれば100万円を優に超えるケースもあるほどです。
すべてのケースがそうというわけではありませんが歯医者治療を受ける際には注意しておきましょう。

とはいえ、比較的軽度の症状、実際に生活の中で支障が出ている状態であれば、保険診療で手軽に治療を受けることができます。
実際、歯医者でも意外に多いのが歯ぎしりに関する治療です。
夜、寝ている間に歯ぎしりをしていると家族に指摘された人、その影響で肩こりや腰痛がひどくなってきたという人は注意が必要です。

夜寝ている間の歯ぎしりであれば、そこまで不安になることもないのではないかと思われる人もいるかもしれませんが、これは意外に重大なことにもなりえます。
というのも、歯ぎしりは放置することで徐々に歯が削れてしまいます。
それが原因で見た目が損なわれることもありますし、不用意に顎に力が入りすぎることで顎関節症のリスクを高めます。
そのまま症状を放置していても何のメリットもないということです。

まずは歯ぎしりが続くことでどのような不都合が起こり得るのか、その知識をしっかり身に着けていくことから始めていきましょう。
そして、その上で歯ぎしりをどうやって治していけばいいのか、歯医者に相談するなどして把握していきます。
歯ぎしりは決して治らないものではありません、歯の専門家である歯医者に早め早めに相談していくことで不快な症状をいち早く改善していくことが可能です。

歯ぎしりって歯医者で治せるの?

歯ぎしりの症状だけで歯医者を受診してもいいものかと、不安に感じる人もいるかもしれませんが、この点に関しては何の心配もいりません。
実際に歯ぎしりによって骨格や歯に影響が出ているのであれば猶の事、その道のプロである歯医者の出番というわけです。

マウスピース

歯医者で歯ぎしりの治療を行う場合、まず用いられるのが専用のマウスピースです。
就寝時にマウスピースを口にはめておくだけ、それによって上の歯と下の歯が互いに削りあうことはなくなります。
衝撃時の負担を最小限に抑えることができるので、結果的に顎関節症やそれに伴う肩こりや腰痛を解消していくことが可能というわけです。

保険診療であれば5000円ほどの金額でマウスピースを購入することができます。
自費診療の場合、1万円から数十万円と費用負担が高額になっていくことがありますが、大抵の場合はマウスピースの活用によって症状は改善されていきます。

そもそも、歯ぎしりの症状があらわれる原因は日々のストレスです。
噛み癖や歯列が関係しているという話も出回ってはいますが、主となる原因は知らず知らずのうちに蓄積され、会社や家庭でのストレスとなってきます。
歯医者での治療はもちろん大切にはなってくるのですが、歯ぎしりを根本から解決していきたい場合には自宅での工夫も必要になっていきます。

それこそ、ストレスをため込まないために規則正しい生活習慣を心掛ける、睡眠を十分にとって体を休ませるなどの工夫を施していきます。
たったこれだけのことでも歯医者での治療がよりスムーズに進みますし、必要になる費用負担も最小限に抑えることができます。

歯医者での歯ぎしり治療の前には、自宅でもできる簡単な準備を徹底していきましょう。
マウスピース自体は市販されている安い商品もありますが、これだけは個々の歯並びに合わせた調整ができないため十分な効果が得られない可能性があります。
準備を徹底するとは言っても、素人判断で市販のアイテムを乱用しないようにすること、時にこの行動によって歯ぎしりの症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

歯ぎしりはそもそもどうして引き起こされているのか?その知識をしっかり踏まえた上で、予算や好みを考慮しつつ治療を行う歯医者を選んでいくといいでしょう。
それぞれの歯医者によって治療方針は若干変わってきますし、それこそ必要になる費用負担の額に差が出てきます。
まずは信頼できる、患者目線の歯医者を探していくことから始めていくべきです。