ほとんどの人が歯医者は虫歯を治療するところというイメージを持っています。しかし、皆さんが思っている以上に歯医者でできることは沢山あります。治療の痛みなどが理由で歯医者は避けられがちですが、医療技術の進歩により無痛治療ができる歯医者が増えてきています。このサイトで歯医者の幅広い活躍を知って、実際に歯医者に足を運んでみましょう。

インプラントで注目したいオールオン4とジルコニア

インプラント

インプラントと言っても色々な治療方法があります。
様々な治療方法の中でも特に注目したいのが、オールオン4とジルコニアです。

オールオン4はDr.パウロ・マロによって開発された最先端の治療方法です。
従来の治療方法は1本の歯に付き1本のインプラントを埋め込むのに対して、オールオン4は最も少なくて4本のインプラントを埋め込むだけで歯全体を固定することが出来ます。
4本のインプラントを斜めに埋め込み、かかる力を均等に配分することによって、全ての歯を支えることが出来るようになります。

オールオン4のメリットは総入れ歯の人や骨量が少ない人でもインプラントの治療をすることが出来ることです。
負担がかかる方でも治療を受けることが出来るのは魅力的です。
それ以外のメリットは費用が安いことです。
従来の治療に比べて短期間で治療が終わるので、価格が安く済みます。
治療回数が少ないので、体の負担軽減にもなります。

オールオン4の治療方法を行っている歯科医師は少ないので、経験豊富な所を選ぶようにしましょう。
骨量が少なすぎる場合はオールオン4が行えないので、自分に合った治療方法を選びましょう。

ジルコニアは模造ダイヤモンドとして知られていて硬く透明感があり、様々な分野で使われています。
歯科用のジルコニアは硬く透明感があり、柔軟性があります。
チタンに比べて表面が滑らかなので、細菌の付着が少ないです。

ジルコニアのメリットは強度が高く、安定性が高いことです。
強度が高いので金属を使用しないブリッジ治療も行うことが出来ます。
安定性が高いので変色や劣化を起こさず、
経年劣化で割れてしまうなどのトラブルがありません。

それ以外のメリットは体に親和性があることです。
チタンなどの金属を使用して治療した場合、金属アレルギーを起こすことがあります。
ジルコニアなら金属を使用しないで治療を行うことが出来るので、アレルギーになる心配はありません。
従来の治療方法に比べて費用がかかりますが、審美性が高く天然歯に近く自然な感じの歯になります。

オールオン4とジルコニアはそれぞれ話題の治療方法です。
どちらもメリットがあり、デメリットもあります。
治療回数や体にかかる負担や費用もそれぞれ違うので、抜歯してインプラント治療を行う時は自分の歯の状態に一番合った治療方法を選びましょう。
それぞれの歯医者を比較して、信頼出来て安心して治療を任せることが出来る歯医者を見つけることが大事です。